どこぞで得た知識なのかはわかりませんけれど、我々の周囲にいつからかある浮気に関する知識と言えばコレですね。それは「1回だけならば、浮気にはカウントされない」というものです。

具体的にどういうことなのかと言いますと、世間的に浮気な行為だとされるような行為であっても、1回だけならば「気の迷い」ないし「なんらかの形で間違ってしまった」的な意味合いにて、浮気とはカウントされ辛いというものです。

おそらくなんとかの法律事務所的な番組で得た知識でしょうけれど、浮気は「継続した関係」がカウントされるものであって、ただの1回切りならば浮気だとは認められ辛く、そして再構築もしやすい的な意味合いであったと思います。

そして、そのようなことが頭にある同僚(うるま市の某飲料メーカー勤務)は、1回切りのランデブー的なものをしまくりだったりはするのですけれどね。しかし不特定多数との「1回きり」を多数しているのですからば、まあその当人に対しては信用なんていうものはないですよね。

ですからまあ、特定の誰かとの浮気ではないにしても、その人当人は「浮気者」なことには間違いない気がします。

浮気調査(うるま市)